「世代間連合国際フォーラム」を共催する高連協委員会の動向<2014年7月1日委員会の概容>

 高連協(JANCA)は、「全ての世代のための社会づくり」を目指し、シニアの積極的な社会参加活動の推進運動を展開しているが、同様な使命を持ち、全米で活動している「ジェネレーションズ・ユナイテッド(GU)」の要請を受け、2015年7月21~24日、ハワイのコンベンションセンターで「世代間連合国際フォーラム」(Generations United International Forum(Conference))を共催する。
そのため高連協は、このフォーラム開催のための委員会(現在は、有志による準備委員会:委員長・升田忠昭理事)を立ち上げているが、GU主催者側との合意により、次のような諸件を今後進めるための委員会を7月1日に開催した。なお、GU(主催者代表:メイ・メンデルソン女史)との事前打ち合わせ協議は、升田忠昭委員長に一任。

○フォーラム開催に関する高連協委員会の役割等諸件
1.日本及びアジア諸国の参加者の勧誘
①フォーラム・プログラムにおける演題・演者の選出
②老若男女、一般参加者の募集(旅行社と協力)
③フォーラム会場でのPR、展示企業の勧誘
2.フォーラム・プログラムの作成協力と事前PR
3.日本からの参加者の総括とりまとめ
<注記>GUフォーラム開催について高連協は一切の経費負担は行わない。したがって、委員会委員をはじめ演者及び参加者各位の旅費、宿泊等はそれぞれ自己負担となる。

○高連協GUフォーラム開催委員会(7月1日委員会出席)メンバー
委員長:升田忠昭・高連協理事、グローバルスカイ理事長
委 員:伊藤実・高連協理事、ふれあい写真クラブ代表
上田研二・高連協理事、高齢者活躍支援協議会理事長<代理:水野嘉女>
佐方紀子・高連協理事、日本チャリティ協会理事、元テレビ朝日
川瀬健介・高連協理事、生活福祉環境21専務理事
高木真・日本チャリティ協会(高連協会員)
仁木賢・高活協理事(高連協会員)
野島卓郎・高連協理事、さわやか福祉財団
吉田成良・高連協専務理事、エイジング総合研究センター
特別委員:井上昌之・日本経済新聞経営企画室
長与純三・シニア旅行カウンセラーズ理事長、元JTB役員
<事務局>玉木康平、上原隆夫

○7月1日:14:00~15:30、委員会会議の概容
7月1日の委員会では、「役割等諸件」について議論した。日本からの参加者募集を第1の課題とすることとし、参加旅行に関する各種メニューについて長与委員(JTB)と協議、「次回にその案(パック旅行)を提出してみたい。」(長与氏)こととなった。
そして、アジアからの参加については、「シンガポール(世代間交流活動リーダー・湯玲玲氏等)の参加は既に予定済で、中国(馬寅初基金会・徐愛光氏)、韓国(李誠国氏)、台湾(孫得雄氏)、香港等には()内キーパーソンに漸次呼びかけていく。」(吉田委員)。
チャリティ協会が催しを行っているフラダンス・グループの参加を促すについて、ハワイでの出演(設営)と交流についての要望(高木委員)。また、シニアの写真展(映像紹介等)の設営の可能性(伊藤委員)。なお、GUハワイ国際フォーラムに関するPRは、井上委員と相談しつつ推進することも話し合った。
次回の委員会は、8月1日14:00~に開催することとした。

<吉田成良委員メモ>

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントは停止中です。