2015 Generations Unitedハワイ大会 日本における世代間交流:文化伝承を例として

はじめに
人類が全世界で長寿化し、高齢者人口が増加する中でも、日本は特に人口高齢化の進行が速く、2014年現在では国民の4人に1人が65歳以上である。さらに日本では人口が、2005-2010年の1億2800万人をピークに減少し始めている。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年には、日本人口は約400万人減少し、高齢化率も29%に上昇、そして75歳以上が15%という超高齢社会になる。 続きを読む

普遍的長寿社会と世代間支え合い:日本の地域社会

普遍的長寿社会を享受しつつある長寿化先進国は、その社会環境として、すべての世代の相互理解と支え合いが必要不可欠と考えており、そのための国際会議「第1回・世代間連合国際会議」をハワイ・コンベンションセンターで2015年7月21-24日に開催する。会議を主催するのは米国のGenerations United(世代間連合)だが、日本の高齢社会NGO連携協議会(高連協)や欧米各国、アジアではシンガポール等の関係団体が共催している。日本からは樋口恵子(高連協代表)さんがキーノートスピーカーとして出席するほか、小川全夫、杉啓以子等十数名が会議で発表する。

続きを読む

高連協の「高齢者の社会参画に関する調査」~2015年・全国アンケート調査(概要)より

 高齢化の最先進国「日本」には、1999年「国際高齢者年」から高齢社会に関するNGO・NPOの連合組織として「高齢社会NGO連携協議会」(Japan NGO Council on Aging)略称「高連協」(JANCA)がある。「高連協」には約50のNGO・NPOが加盟していて、高齢者の社会貢献等社会参加活動の推進活動を行っており、時には国、政府への提言等も行っている。 続きを読む

「日中韓3カ国の高齢化専門家会議」報告

エイジング総合研究センター

東アジア地域の人口学者・社会学者・老年学者等の自由な研究交流の場として、1994年にエイジング総合研究センターが「東アジア地域人口高齢化専門家会議」を開催して以来、2012年まで、日本・台湾・韓国・中国の関係機関が持ち回りで開催してきたが、2013年からは中断している。
この会議の再開を望んでいる中国・韓国の関係専門家がこのほど来日し、2015年2月17日(火)、「日中韓3カ国の高齢化専門家会議」を開催したので、ここにその概要を紹介する。なお本報告は、東アジア地域の会議開催に尽力されてきた中・韓両国、台湾、シンガポールの関係専門家にも送信する。

続きを読む

「高連協加盟団体会員(60歳以上シニア)の生活と行動」(高連協オピニオン調査の回答者)

高連協専務 吉田成良

 高連協は、シニアの社会参加活動の促進を掲げて諸活動を展開してきているが、その諸活動についてのコンセンサスを得るために、2000年以降、「シニアの社会参加活動」、「社会保障制度改革のあり方」「環境問題への取組み」「高齢社会対策大綱の見直し」等々についてのアンケート調査を行っている。

続きを読む

平成25年度「高齢社会フォーラム・イン福島」開催のお知らせ

内閣府、高齢社会NGO連携協議会(高連協)、福島市は、少子高齢社会において求められるシニアの社会参加活動を促進する啓発イベント「高齢社会フォーラム・イン福島」を開催致します。
参加ご希望の方は、お早めに申し込みください。

詳細:平成25年度「高齢社会フォーラム・イン福島」チラシ(表面が概要、裏面が申込書になります。)

主催:内閣府、高齢社会NGO連携協議会、福島市
日時:2013年10月3日(木)10:30~16:30
会場:コラッセふくしま4F「多目的ホール」(福島県福島市三河南町1-20)
定員:280名
参加費:無料

senior’s note / 大人の手帳 平成25年度版が発売されました

長寿社会になり、活力も時間もある中高年が目立つようになりました。日
本社会は、中高年シニアの社会参加なくしては成り立たなくなり、シニア自
らが行動するとき、自らの身分を証明する必要もあり、時には思いがけない
緊急事態に遭遇することもあります。そのような時に自らをサポートするも
のとしてこの手帳をご活用ください。

続きを読む