2015 Generations Unitedハワイ大会 日本における世代間交流:文化伝承を例として

はじめに
人類が全世界で長寿化し、高齢者人口が増加する中でも、日本は特に人口高齢化の進行が速く、2014年現在では国民の4人に1人が65歳以上である。さらに日本では人口が、2005-2010年の1億2800万人をピークに減少し始めている。東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年には、日本人口は約400万人減少し、高齢化率も29%に上昇、そして75歳以上が15%という超高齢社会になる。 続きを読む

普遍的長寿社会と世代間支え合い:日本の地域社会

普遍的長寿社会を享受しつつある長寿化先進国は、その社会環境として、すべての世代の相互理解と支え合いが必要不可欠と考えており、そのための国際会議「第1回・世代間連合国際会議」をハワイ・コンベンションセンターで2015年7月21-24日に開催する。会議を主催するのは米国のGenerations United(世代間連合)だが、日本の高齢社会NGO連携協議会(高連協)や欧米各国、アジアではシンガポール等の関係団体が共催している。日本からは樋口恵子(高連協代表)さんがキーノートスピーカーとして出席するほか、小川全夫、杉啓以子等十数名が会議で発表する。

続きを読む

高連協の「高齢者の社会参画に関する調査」~2015年・全国アンケート調査(概要)より

 高齢化の最先進国「日本」には、1999年「国際高齢者年」から高齢社会に関するNGO・NPOの連合組織として「高齢社会NGO連携協議会」(Japan NGO Council on Aging)略称「高連協」(JANCA)がある。「高連協」には約50のNGO・NPOが加盟していて、高齢者の社会貢献等社会参加活動の推進活動を行っており、時には国、政府への提言等も行っている。 続きを読む


ADS ADS ADS